日本プロゴルフ殿堂

偉業を称え、未来を拓く。ゴルフから

殿堂コラム

Japan Professional Golf Hall of Fame

カテゴリー

人気ランキング

最近の投稿

月間アーカイブ

殿堂コラム一覧

第52回日本プロゴルフ選手権(1984年)

2017.01.05
1984年8月6日付報知新聞 1984年8月6日付報知新聞

中嶋が〝ミニスランプ〟乗り越え連覇達成

「AON時代」の一角を占めた中嶋常幸(当時登録名中島常幸)はこの年、スイングに悩んでここまで未勝利。前年賞金王が苦しんで迎えた大会だった。  コースは静岡・ミナミ菊川CC(6247メートル、パー71)。初日、ツアー初の記録が生まれた。石井裕士が4番パー3(177メートル)で4番アイアンを使ってホールインワンを達成。続く5番パー5(472メートル)では見グリー...

第2回日本女子プロゴルフ選手権(1969年)

2016.12.19
1969年7月26日付報知新聞 1969年7月26日付報知新聞

土壇場の大逆転、底力を見せた樋口が大会連覇

 1968(昭和43)年に1期生26人で始まった日本女子プロは翌69年には2、3期生に入会間もない4期生まで加わり、計40人が覇を競った。  会場は前年の天城CC(静岡県)から愛知県の貞宝CC(6575ヤード、パー74)に変更された。貞宝CCではこの年から5年続けて日本女子プロが開催されている。  大会は7月24、25日、木曜日と金曜日に行われた。第1回大会...

第19回日本プロゴルフ選手権(1951年)

2016.12.06
優勝トロフィーを持つ石井哲雄(ゴルフマンスリー1952年1月号より) 優勝トロフィーを持つ石井哲雄(ゴルフマンスリー1952年1月号より)

石井哲雄、初優勝を日本プロで飾る

 1951(昭和26)年10月8日から4日間、戦後3度目の日本プロが兵庫県の広野GC(パー72)で開催された。参加選手は46人。初日はマッチプレーに進む16人を決める36ホールのストロークプレーによる予選が行われた。  予選で存在感を見せつけたのが36歳、脂の乗ってきた中村寅吉だった。前半の18ホールを75で回って林由郎らと首位に並んだ中村は後半の18ホール...

第42回日本女子プロゴルフ選手権(2009年)

2016.11.21
優勝カップを掲げる諸見里しのぶ(写真提供:日本女子プロゴルフ協会) 優勝カップを掲げる諸見里しのぶ(写真提供:日本女子プロゴルフ協会)

23歳の諸見里が史上最年少のメジャー3冠

 2009(平成21)年の女子ツアーは“4強”がハイレベルの賞金女王争いを繰り広げていた。9月、日本女子プロを迎えた時点で賞金ランキング1位の諸見里しのぶがすでに5勝を挙げて1億円を突破。同2位から4位の横峯さくら、全美貞、有村智恵はそれぞれ3勝をマークしていた。特に直近の12試合の優勝者は1試合を除いてこの4人。まさに“4強”の寡占状態だった。  岐阜県の...
5 / 22«First...34567...1020...Last»