日本プロゴルフ殿堂

偉業を称え、未来を拓く。ゴルフから

殿堂コラム

Japan Professional Golf Hall of Fame

カテゴリー

人気ランキング

最近の投稿

月間アーカイブ

殿堂コラム一覧

第9回日本プロゴルフマッチプレー選手権(1983年)

2021.02.01
週刊アサヒゴルフ1983年6月1日号より 週刊アサヒゴルフ1983年6月1日号より

中嶋が重信との38ホールを激闘制して初戴冠

 決戦の舞台が、茨城・水戸GC(6090ヤード、パー72)に移った。前回までの戸塚CC西Cで4勝している青木が、大会連覇、5度目の優勝に注目が集まった。また、前年、初の賞金王に輝いた中嶋常幸(当時中島)との対決が期待された。  コースが変わったことで、これまでとは違う戦いになることも予想された。日刊スポーツ紙によると、中嶋は「ロングホールはだれでもバーディー...

第8回日本プロゴルフマッチプレー選手権(1982年)

2021.01.18
週刊アサヒゴルフ1982年6月2日号 週刊アサヒゴルフ1982年6月2日号

「マッチの鬼」青木が新鋭羽川を下す連覇で4度目V

 前年優勝の青木功、この年既に2勝を挙げて好調の中島常幸(現中嶋)に注目が集まった。戸塚CC西C(6443ヤード、パー72)で8回目の開催になったが、前7大会中、青木は3勝と得意としている競技形式、コースでもあった。  第1日は32人が参加して、1、2回戦(各18ホール)が行われた。青木は1回戦で同年代の金井清一と対戦し、終盤粘れられたものの2-1で突破。2...

第7回日本プロゴルフマッチプレー選手権(1981年)

2021.01.04
「雨中の激闘をたたえ合う青木功(右)と長谷川勝治」(週刊アサヒゴルフ1981年6月3日号より) 「雨中の激闘をたたえ合う青木功(右)と長谷川勝治」(週刊アサヒゴルフ1981年6月3日号より)

8時間の激闘を制し、青木が3度目の優勝

 青木功が日本男子初の米ツアー優勝を成し遂げたのが1983(昭和58)年のハワイアンオープンであることは広く知られている。その2年前、1981(昭和56)年にも青木はハワイアンオープンで3位という好成績を残している。勝つための下地は十分にあったわけだ。そして、この3位が青木のゴルフ人生の大きな転機になる。当時は年間獲得賞金が8000ドルに達すると米ツアーのラ...

第6回日本プロゴルフマッチプレー選手権(1980年)

2020.12.21
優勝カップを掲げる安田春雄(週刊アサヒゴルフ1980年5月28日号より) 優勝カップを掲げる安田春雄(週刊アサヒゴルフ1980年5月28日号より)

ガッツ安田がプロ19年目の日本タイトル奪取

 78、79年連覇で「マッチの鬼」と呼ばれた青木功の大会3連覇が注目された。舞台も同じ戸塚CC西C(6443ヤード、パー72)。もう1人、前週のフジサンケイを制して勢いがある尾崎将司との対決も期待された。  第1日は32人が参加して、1、2回戦(各18ホール)が行われた。1回戦、注目の2人は、早々に苦い顔になる。横島由一と対戦した青木は、得意のパットが決まら...
4 / 41«First...23456...102030...Last»