日本プロゴルフ殿堂

偉業を称え、未来を拓く。ゴルフから

殿堂コラム

Japan Professional Golf Hall of Fame

カテゴリー

人気ランキング

最近の投稿

月間アーカイブ

殿堂コラム一覧

第21回日本プロゴルフマッチプレー選手権(1995年)

2021.08.02
決勝の通算25ホール目でチップインバーディーを決めた友利勝良(週刊アサヒゴルフ1995年9月26日号より) 決勝の通算25ホール目でチップインバーディーを決めた友利勝良(週刊アサヒゴルフ1995年9月26日号より)

全英の経験を生かして友利が大会初優勝

 英国スコットランドのセントアンドリュースはゴルフの聖地とも表現される場所である。全英オープン開催数は最多の29回。来年(2022年)は同所で30回目そして全英オープンとしては150回目の大会が控えている。  1995(平成7)年、このセントアンドリュースで行われた全英オープンで日本選手が躍動した。友利勝良である。2日目に68をマークして通算6アンダーとした...

第20回日本プロゴルフマッチプレー選手権(1994年)

2021.07.19
1994年9月5日付スポーツニッポン紙 1994年9月5日付スポーツニッポン紙

ハミルトンが決勝史上最短Vで日本タイトル獲得

 戦いの舞台は、北海道・ニドムクラシックCニスパC(6989ヤード、パー72)に移された。林でセパレートされた平坦なコース、飛距離のある選手が有利とみられた。優勝候補は前年初の賞金王となった飯合肇、優勝経験者の尾崎直道らの名前が挙がっていた。  第1日は1回戦(18ホール)が行われた。前年優勝の山本善隆に若手の西川哲が挑戦した。13番まで一進一退の攻防でイー...

第19回日本プロゴルフマッチプレー選手権(1993年)

2021.07.05
鈴木弘一(右)を下して大会初優勝を飾った山本善隆(週刊アサヒゴルフ1993年9月28日号より) 鈴木弘一(右)を下して大会初優勝を飾った山本善隆(週刊アサヒゴルフ1993年9月28日号より)

冷静さを貫き、42歳山本善隆が復活優勝

 1993(平成5)年の日本プロマッチプレーは前年のプレステージCCから同じ栃木県の東ノ宮CC(6916ヤード、パー72)に舞台を移しての開催となった。  9月2日、秋晴れの下で1回戦16マッチが行われた。前年覇者で青木功と並ぶ大会最多の4勝目を狙う中嶋(当時の登録名は中島)常幸は米ツアーから帰国直後ながら横山明仁を3-2で下して貫録を示した。同じく米国帰り...

第18回日本プロゴルフマッチプレー選手権(1992年)

2021.06.21
1992年9月7日付日刊スポーツ 1992年9月7日付日刊スポーツ

中嶋が尾崎直との決勝制して3度目V

 米ツアーから帰国した直後の前年賞金王、尾崎直道が優勝候補筆頭と目されていた。栃木・プレステージCC(7115ヤード、パー72)での第1日、32人が参加して1回戦(18ホール)が行われた。  尾崎直は米山剛と対戦した。米山が好スタートを切る。1番パー5で2オンのバーディーから3連続バーディーを奪い、3アップのリードを奪った。「いきなり3ダウンで勝てる気がしな...
2 / 4212345...102030...Last»