日本プロゴルフ殿堂

偉業を称え、未来を拓く。ゴルフから

殿堂コラム

Japan Professional Golf Hall of Fame

カテゴリー

人気ランキング

最近の投稿

月間アーカイブ

殿堂コラム一覧

第47回日本オープンゴルフ選手権(1982年)

2023.12.11
ウイニングボールを投げる矢部昭(アサヒゴルフより) ウイニングボールを投げる矢部昭(アサヒゴルフより)

体重50キロの超軽量・矢部昭が5打差の快勝

 1982(昭和57)年の日本オープンが行われた10月下旬、男子ツアーは28歳の中嶋(当時の表記は中島)常幸が勝利を積み重ねて初めての賞金王に向けて突き進んでいた。  ただ、10月に入ってからの主役は台湾出身の謝敏男だった。日本オープン前週まで3試合連続で初日から首位を守る完全優勝という驚異的なゴルフでツアーを席巻していた。  日本オープンの会場、埼玉県の武...

第46回日本オープンゴルフ選手権(1981年)

2023.11.27
JGAHPより転載 JGAHPより転載

羽川豊、プロ初優勝でレフティー初の日本タイトル

 当時、音楽界を中心に「ニューウエーブ」という言葉が流行していた。ゴルフ界にもその波が来ていた。倉本昌弘、湯原信光、羽川豊の「若手三羽烏」を中心とした20代半ばまでの若い選手たちだった。  この年、初めて岐阜県の日本ラインGC東コース(6218m、パー70)で行われた大会でも、その様相になった。  大会前、注目されていたのは「日本オープンになぜか勝てない」青...

第45回日本オープンゴルフ選手権(1980年)

2023.11.13
日本オープンで初優勝を飾った菊地勝司(JGAホームページより転載) 日本オープンで初優勝を飾った菊地勝司(JGAホームページより転載)

世界の青木を抑え、伏兵の菊地勝司が初優勝

 ゴルフのトーナメントは時に予想もしていなかったチャンピオンを生み出すことがある。1980(昭和55)年の日本オープンがまさにそうだった。  この年、プロゴルフ界の話題を独占していたのは青木功だった。国内では春先から勝ち星を重ねて3年連続賞金王に向けてひた走り、海外では全米オープンでジャック・ニクラウスとの激闘の末に2位。世界的にその名を轟かせていた。もちろ...

第56回日本女子プロゴルフ選手権(2023年)

2023.11.06
優勝トロフィーを掲げる神谷そら(Photo:Getty Images) 優勝トロフィーを掲げる神谷そら(Photo:Getty Images)

ルーキー神谷そらが初出場で優勝

 8年ぶり2回目となる長崎県のパサージュ琴海アイランドゴルフクラブ(6755ヤード、パー72)が舞台。前回は4日間の平均ストロークが75.3325という難しさで、アンダーパーで終えた選手は9人しかいなかった。だが、今回は初日からアンダーパーが続出。5アンダー、67で回った稲見萌寧、山内日菜子、西郷真央の3人が首位でスタートした。  2日目、1打差4位の小祝さ...
3 / 5812345...102030...Last»