日本プロゴルフ殿堂

偉業を称え、未来を拓く。ゴルフから

殿堂コラム

Japan Professional Golf Hall of Fame

カテゴリー

人気ランキング

最近の投稿

月間アーカイブ

殿堂コラム一覧

第24回日本プロゴルフマッチプレー選手権(1998年)

2021.09.21
1998年9月7日付日刊スポーツ紙 1998年9月7日付日刊スポーツ紙

桑原克典が決勝38ホールの激戦制して初優勝

 マッチプレーで強さを発揮してきた丸山茂樹の連覇がなるかが注目された大会。北海道・ニドムクラシックCニスパC(6941ヤード、パー72)で行われた。丸山がこれまで5大会に出場して17勝4敗と勝率.810で青木功、中嶋常幸の複数回優勝者を上回る勝率を誇っていた。  第1日の1回戦(18ホール)、丸山は上々の滑り出しをみせた。日大の先輩、米山剛と対戦。1ホール目...

第23回日本プロゴルフマッチプレー選手権(1997年)

2021.09.06
大会最年少優勝を果たした丸山茂樹(写真提供/GGMG) 大会最年少優勝を果たした丸山茂樹(写真提供/GGMG)

27歳丸山茂樹が大会最年少優勝

 1990年代後半の男子ツアーは若手実力派が次々に台頭し、王者に君臨する尾崎将司に挑戦するという構図だった。後に賞金王となる伊澤利光、谷口徹、藤田寛之、片山晋呉、日本オープンチャンピオンとなる手嶋多一、深堀圭一郎、田中秀道、日本と名のつくタイトルで5勝を挙げた宮本勝昌らである。  その世代の中心にいたのが丸山茂樹だ。学生時代から常に注目を集め、プロ入り後も2...

第22回日本プロゴルフマッチプレー選手権(1996年)

2021.08.16
1996年9月2日付スポーツニッポン新聞 1996年9月2日付スポーツニッポン新聞

芹澤信雄がプロ15年目で初の公式戦V

 北海道・ニドムクラシックCニスパC(6989ヤード、パー72)で8月29日から4日間行われた。1回戦組み合わせで注目を集めたのは、川岸良兼と丸山茂樹の若手「怪物対決」。また、前週のワールドシリーズで第1日首位に立つなど売り出し中の若手、田中秀道が初参戦と、世代交代を感じさせる大会になった。  海外では、8月28日(日本時間29日)に、20歳のタイガー・ウッ...

第21回日本プロゴルフマッチプレー選手権(1995年)

2021.08.02
決勝の通算25ホール目でチップインバーディーを決めた友利勝良(週刊アサヒゴルフ1995年9月26日号より) 決勝の通算25ホール目でチップインバーディーを決めた友利勝良(週刊アサヒゴルフ1995年9月26日号より)

全英の経験を生かして友利が大会初優勝

 英国スコットランドのセントアンドリュースはゴルフの聖地とも表現される場所である。全英オープン開催数は最多の29回。来年(2022年)は同所で30回目そして全英オープンとしては150回目の大会が控えている。  1995(平成7)年、このセントアンドリュースで行われた全英オープンで日本選手が躍動した。友利勝良である。2日目に68をマークして通算6アンダーとした...
5 / 45«First...34567...102030...Last»