日本プロゴルフ殿堂

偉業を称え、未来を拓く。ゴルフから

殿堂コラム

Japan Professional Golf Hall of Fame

カテゴリー

人気ランキング

最近の投稿

月間アーカイブ

殿堂コラム一覧

第54回日本女子プロゴルフ選手権(2021年)

2021.12.20
トロフィーを掲げる稲見萌寧<Photo:Getty Images> トロフィーを掲げる稲見萌寧<Photo:Getty Images>

大会新記録の圧巻プレーで稲見萌寧が公式競技初優勝

 新型コロナウイルス感染拡大の影響がなお続いた2021(令和3)年、女子ツアーは38試合が無事開催された。多くの大会が中止となった前年と合わせて2年で1シーズンという前例のない形となり、シーズン総試合数は「52」。賞金女王に輝いた22歳の稲見萌寧は2億5519万2049円という獲得賞金歴代最高額を記録した。  日本女子プロは9月9日から4日間、茨城県の静ヒル...

第29回日本プロゴルフマッチプレー選手権(2003年)

2021.12.06
最後の日本プロマッチプレー優勝者となったハミルトン(提供JGTO) 最後の日本プロマッチプレー優勝者となったハミルトン(提供JGTO)

“最後のマッチプレー王者”はトッド・ハミルトン

 1975(昭和50)年に創設された日本プロゴルフマッチプレー選手権は2003(平成15)年には29回大会を迎えていた。会場は例年通り北海道のニドムクラシックCニスパC(6957ヤード、パー72)。9月4日の大会初日は32選手が参加して1回戦が行われた。  この日、注目を集めたのは初出場の25歳、星野英正だった。日本アマ3勝など数々のアマチュアタイトルを手に...

第28回日本プロゴルフマッチプレー選手権(2002年)

2021.11.24
2002年9月9日付日刊スポーツ 2002年9月9日付日刊スポーツ

佐藤が苦手のマッチプレー克服し日本3冠

 この年で、公式戦としての大会の幕を閉じた。  北海道・ニドムクラシックCイコロC(6957ヤード、パー72)で行われた。第1日1回戦(18ホール)では、片山晋呉が出場3回目で初めて初戦を突破した。加瀬秀樹との対戦は、序盤は取り合い。片山は1アップで迎えた8ホール目から加速する。そこから4ホールで3つ取り、4アップとしし、15ホール目で4-3の大勝となった。...

第27回日本プロゴルフマッチプレー選手権(2001年)

2021.11.09
初出場で優勝したディーン・ウィルソン(提供JGTO) 初出場で優勝したディーン・ウィルソン(提供JGTO)

日系4世ディーン・ウィルソンが初の海外勢決勝を制する

 8月も下旬になると北海道はグッと冷え込む日が出てくる。27回目を迎えた日本プロマッチプレー初日が行われた2001(平成13)年8月30日、大会の記録には雨、14度と記されている。そんな中、苫小牧市に位置するニドムクラシックCニスパC(6957ヤード、パー72)では熱い戦いが繰り広げられていた。  1回戦のハイライトといえるのが1996年覇者の芹澤信雄と2年...
7 / 49«First...56789...203040...Last»