日本プロゴルフ殿堂

偉業を称え、未来を拓く。ゴルフから

殿堂コラム

Japan Professional Golf Hall of Fame

カテゴリー

人気ランキング

最近の投稿

月間アーカイブ

殿堂コラム一覧

第33回日本オープンゴルフ選手権(1968年)

2023.05.15
大会初優勝を飾った河野高明は優勝カップを持ちポーズをとる(河野高明さんのアルバムより) 大会初優勝を飾った河野高明は優勝カップを持ちポーズをとる(河野高明さんのアルバムより)

推薦出場の河野高明が大会初制覇

 1968(昭和43)年の日本オープンは海外からの強豪の参戦が話題になっていた。英国のトニー・ジャクリンと豪州のブルース・デブリンである。放映局のTBSが1万ドル(当時のレートで360万円)を出して呼び寄せたもので、デブリンは開幕2日前、ジャクリンに至っては開幕前日に来日するという強行軍だった。  会場は千葉県の総武カントリークラブ総武コース(7006ヤード...

第32回日本オープンゴルフ選手権(1967年)

2023.04.24
1967年10月5日付スポーツニッポン 1967年10月5日付スポーツニッポン

橘田規がホームコースで2年ぶり2度目の日本一

 10月2~4日、広野GCで行われた。6970ヤード、パー72の設定で、プロ92人、アマチュア73人の計165人が参加した。  第1日、小雨模様の中だったが、コースコンディションはまずまずだったという。首位に立ったのは、広野GC所属の橘田規だった。スタートの1番パー5で2オンしながら3パットのパーでいい出だしはなかったが、1アンダーで折り返してインから調子を...

第31回日本オープンゴルフ選手権(1966年)

2023.04.10
優勝カップを抱えた佐藤精一が林由郎(左端)ら我孫子一門の仲間に祝福される(佐藤精一氏所蔵) 優勝カップを抱えた佐藤精一が林由郎(左端)ら我孫子一門の仲間に祝福される(佐藤精一氏所蔵)

最終ホールの劇的バーディーで佐藤精一が初優勝

 自分が所属しているコースで日本オープンに勝つ――。ゴルフ場の数が少なかった戦前はそれほど珍しい出来事ではなかったが、戦後復興最初の大会となった1950(昭和25)年に我孫子ゴルフ倶楽部で林由郎が勝って以来、所属プロの日本オープン優勝は途切れていた。  1966(昭和41)年、16年ぶりに大会会場の所属プロが日本オープンを制した。会場は千葉県の袖ヶ浦カンツリ...

第30回日本オープンゴルフ選手権(1965年)

2023.03.27
1965年10月9日付報知新聞 1965年10月9日付報知新聞

カナダカップ帰りの橘田規が初優勝

 10月6~8日の3日間、初開催となる愛知・三好CC(7030ヤード、パー72)で121人(うちアマチュア27人)が参加して行われた。  大会直前(9月30日~10月3日)にスペインでカナダカップ(現ワールドカップ)が開催されており、日本代表で13位だった前年覇者の杉本英世、橘田規と、台湾代表で7位だった陳清波が大会直前の帰国となり、戦前の優勝候補から外れて...