日本プロゴルフ殿堂

偉業を称え、未来を拓く。ゴルフから

殿堂コラム

Japan Professional Golf Hall of Fame

カテゴリー

人気ランキング

最近の投稿

月間アーカイブ

殿堂コラム一覧

第4回日本プロゴルフマッチプレー選手権(1978年)

2020.11.12
優勝カップを掲げる青木功(アサヒゴルフ1978年8月号より) 優勝カップを掲げる青木功(アサヒゴルフ1978年8月号より)

「マッチの鬼」誕生、青木功が初制覇

 マッチプレーはだれが強いか、と聞かれたら、1980年前後は間違いなく「青木功」と答えが返ってくる。青木が初めてマッチプレー日本一に輝いたのが、この年の大会だった。  神奈川・戸塚C西コース(6483ヤード、パー72)で行われた。第1、2日は36ホール・ストロークプレーによる予選が行われ、130人が出場、上位32人が決勝ラウンドのマッチプレーに進出した。メダ...

第3回日本プロゴルフマッチプレー選手権(1977年)

2020.11.02
優勝カップを掲げる橘田規(アサヒゴルフ1977年8月号より) 優勝カップを掲げる橘田規(アサヒゴルフ1977年8月号より)

43歳の橘田規が復活Vで日本3冠を達成

 1973(昭和48)年に賞金ランキングが整備されて以降、青木功、村上隆、尾崎将司の3人が上位を分ける年が続いていた。1976(昭和51)年は1位が青木、2位が村上、3位尾崎という順番。この年は22歳の中嶋常幸が初勝利を挙げるなど、新しい力も台頭してきた。  一方で1960年代に圧倒的な存在感を誇っていた橘田規や杉本英世、河野高明といったビッグネームが衰え、...

第2回日本プロゴルフマッチプレー選手権(1976年)

2020.10.19
ショットを打つ吉川一雄(右)を見守る新井規矩雄(写真はアサヒゴルフ1976年8月号より) ショットを打つ吉川一雄(右)を見守る新井規矩雄(写真はアサヒゴルフ1976年8月号より)

戸田藤一郎の弟子、吉川一雄が初の日本タイトル

 神奈川・戸塚C西コース(6483ヤード、パー72)で行われた。  予選は136人が出場し、36ホールストローク・プレーの上位32人が決勝ラウンドのマッチプレーに進出した。  大会2日目の予選最終ラウンドは激戦。予選順位で、マッチプレーの組み合わせが決定する。1位(メダリスト)は、通算3アンダーで並んだ内田繁と野口英雄がプレーオフで、内田となった。通算1オー...

第1回日本プロゴルフマッチプレー選手権(1975年)

2020.10.05
Vサインで初代チャンピオンの喜びを表す村上隆(週刊アサヒゴルフ1975.6.5号より) Vサインで初代チャンピオンの喜びを表す村上隆(週刊アサヒゴルフ1975.6.5号より)

初代マッチプレー王者は村上隆

 マッチプレーはゴルフの原点といわれている。古(いにしえ)の英国ではプレーヤーたちが主にマッチプレーでゴルフを楽しんでいたからだ。日本では戦前に創設された日本プロと関東プロ、関西プロはストロークプレーの予選を勝ち上がった選手たちが1対1で競うトーナメント形式のマッチプレーで頂点を争っていた。だが、関東プロは1960(昭和35)年から、日本プロと関西プロは19...
1 / 3612345...102030...Last»