日本プロゴルフ殿堂

偉業を称え、未来を拓く。ゴルフから

殿堂コラム

Japan Professional Golf Hall of Fame

カテゴリー

人気ランキング

最近の投稿

月間アーカイブ

殿堂コラム一覧

第7回日本プロゴルフ選手権(1932年)

2018.11.06
優勝したモンテス(右)と2位の森岡(ゴルフドム1932年11月号=日本ゴルフ協会所蔵=より) 優勝したモンテス(右)と2位の森岡(ゴルフドム1932年11月号=日本ゴルフ協会所蔵=より)

モンテスが大会史上初の外国人王者に輝く

 1926(大正15)年に産声をあげた日本プロ。優勝者の顔ぶれは1931年までの6年間で宮本留吉と浅見緑蔵が2勝ずつ、中上数一、村木章が1勝というものだった。日本プロ創設の翌年に始まった日本オープンでも同時期に宮本と浅見が2勝。黎明期のタイトルは宮本、浅見の2人で分け合うような状況だった。この2人に優勝こそないものの両大会で2位が計4回という安田幸吉を加えた...

第16回日本女子プロゴルフ選手権(1983年)

2018.10.15
涂阿玉(左)とのプレーオフを制して笑顔の大迫たつ子(週刊アサヒゴルフより) 涂阿玉(左)とのプレーオフを制して笑顔の大迫たつ子(週刊アサヒゴルフより)

気迫のバーディーでプレーオフを制した大迫たつ子

 滋賀県の蒲生GC(5568m、パー72)で開催されていた1983(昭和58)年の日本女子プロ2日目、コースに衝撃が走った。樋口久子がプロ17年目にして国内初の予選落ちを喫したのだ。  初日に77を叩いて36位と苦戦していた樋口は2日目も立て直せなかった。17番を終えて2バーディー、7ボギー。予選カットラインの通算10オーバーで迎えた18番パー5、樋口は3打...

第81回日本プロゴルフ選手権(2013年)

2018.10.10
優勝トロフィーを掲げる金亨成(写真提供:日本プロゴルフ協会) 優勝トロフィーを掲げる金亨成(写真提供:日本プロゴルフ協会)

松山まさか・・・金亨成9打差逆転優勝

 松山英樹が、まさかの逆転負けで初出場初優勝を逃した。金亨成(韓国)が通算5アンダーでツアータイ記録の9打差逆転で韓国勢として2人目のタイトルを手中にした。  第1日、5アンダー66で呉阿順(中国)が首位に立った。松山は1打差の2位と好発進した。「練習場では全然当たらなかったのに、コースに行ったら当たるようになった。自分でもびっくり。ラッキーということで」と...

第27回日本女子プロゴルフ選手権(1994年)

2018.09.21
優勝トロフィーを掲げる日吉久美子(写真提供:日本女子プロゴルフ協会) 優勝トロフィーを掲げる日吉久美子(写真提供:日本女子プロゴルフ協会)

若手エリート軍団を破って日吉が公式戦初優勝

 1990年代に入り、女子ツアーには新しい力が台頭し始めていた。1993(平成5)年には24歳の平瀬真由美が賞金女王に輝き、同年の日本女子プロは26歳の原田香里が優勝。翌1994年も25歳の服部道子が6月の日本女子オープンを制するなど、若手が次々にタイトルを手中にしていった。  1994年9月の日本女子プロ(長野県・穂高CC=6472ヤード、パー72)も20...
1 / 2912345...1020...Last»