日本プロゴルフ殿堂

偉業を称え、未来を拓く。ゴルフから

殿堂コラム

Japan Professional Golf Hall of Fame

カテゴリー

人気ランキング

最近の投稿

月間アーカイブ

日本オープンゴルフ選手権

第45回日本オープンゴルフ選手権(1980年)

2023.11.13
日本オープンで初優勝を飾った菊地勝司(JGAホームページより転載) 日本オープンで初優勝を飾った菊地勝司(JGAホームページより転載)

世界の青木を抑え、伏兵の菊地勝司が初優勝

 ゴルフのトーナメントは時に予想もしていなかったチャンピオンを生み出すことがある。1980(昭和55)年の日本オープンがまさにそうだった。  この年、プロゴルフ界の話題を独占していたのは青木功だった。国内では春先から勝ち星を重ねて3年連続賞金王に向けてひた走り、海外では全米オープンでジャック・ニクラウスとの激闘の末に2位。世界的にその名を轟かせていた。もちろ...

第44回日本オープンゴルフ選手権(1979年)

2023.10.23
写真は週刊アサヒゴルフ1977年12月7日号 写真は週刊アサヒゴルフ1977年12月7日号

郭吉雄が4人プレーオフを制して台湾勢20年ぶりの優勝

 大会3連覇を狙うセベ・バレステロス(スペイン)がこの年もやってきた。滋賀・日野GCキングC(6440m、パー72)で11月1日から4日間の開催だった。  第1日、注目のバレステロスはパッティングにてこずって出遅れた。2連覇したコースはベントグリーン。このコースは、欧州ではあまりなじみがない高麗グリーン。「おれを勝たせないためかな」と冗談をいうほどで「バーデ...

第43回日本オープンゴルフ選手権(1978年)

2023.10.10
優勝トロフィーを手に笑顔のバレステロス(JGAホームページから転載) 優勝トロフィーを手に笑顔のバレステロス(JGAホームページから転載)

大荒れの“バレステロス劇場”の末に42年ぶりの連覇達成

 前年覇者のセベ・バレステロス(スペイン)がスケールアップして戻ってきた。この年、1978(昭和53)年は欧州ツアーで4勝を挙げて3年連続賞金王に輝いたほか、米ツアーでも初優勝。21歳の若者はスーパースターへの道をひた走っていた。  迎え撃つ日本勢では3週間前に世界マッチプレーを制した青木功に対する期待が高まっていた。  会場は横浜カントリークラブ西コース(...

第42回日本オープンゴルフ選手権(1977年)

2023.09.25
週刊アサヒゴルフ1977.12.7号より 週刊アサヒゴルフ1977.12.7号より

20歳「スペインの星」バレステロスが初優勝

 1927年に始まったこの大会は、第2次世界大戦での中断をはさんで、50年を迎えた。半世紀の歴史を刻んできた大会に、この年は海外から「大物」が参加した。  1973年全米オープン、76年全英オープンに優勝した米ツアーのジョニー・ミラー、この年欧州ツアー4勝で賞金王の「スペインの星」セベ・バレステロス。「エントリーフィー3万円を支払って」(報知新聞紙)の出場で...
5 / 16«First...34567...10...Last»