日本プロゴルフ殿堂

偉業を称え、未来を拓く。ゴルフから

殿堂コラム

Japan Professional Golf Hall of Fame

カテゴリー

人気ランキング

最近の投稿

月間アーカイブ

日本オープンゴルフ選手権

第25回日本オープンゴルフ選手権(1960年)

2023.01.18
1960年9月29日付スポーツニッポン 1960年9月29日付スポーツニッポン

陳まさかの失格で連覇の夢破れ、小針が繰り上げ優勝

 スポーツの世界には「悲劇」という言葉で語られる物語がいくつも存在する。多くは十中八九手にしていた栄冠をどんでん返しで失ったケースである。今から30年前の1993(平成6)年、悲願のFIFAワールドカップ初出場を目前にしながら残り数秒で同点ゴールを決められて夢破れたサッカー日本代表の「ドーハの悲劇」は代表的な例だろう。  ゴルフの場合、プレーが終わってなおス...

第24回日本オープンゴルフ選手権(1959年)

2022.12.26
1959年10月2日付日刊スポーツ 1959年10月2日付日刊スポーツ

史上初のプレーオフ、日本留学中の陳清波が初優勝

 日本オープンは1927年第1回から72ホールのストローク・プレー(当時メダル・プレー)で行われてきた。プレーオフは最終ラウンド翌日に18ホールで争うことになっていた。史上初めてプレーオフになったのがこの年だった。  9月28日から3日間、神奈川・相模原GC(7255ヤード、パー74)で、プロ87人、アマ50人が参加して行われた。日刊スポーツ紙によると、コー...

第23回日本オープンゴルフ選手権(1958年)

2022.12.12
1958年10月31日付日刊スポーツ 1958年10月31日付日刊スポーツ

マッチレースを制して中村寅吉が大会3勝目

 1957(昭和32)年10月のカナダカップにおいて団体、個人で「世界一」に輝いた中村寅吉の勢いは翌1958(昭和33)年になっても続いていた。産経招待、関東オープン、日本プロと次々にトーナメントを制し、第一人者としての存在感は増すばかりだった。  10月28日、中村はこの年の4勝目を狙うべく日本オープンに挑んだ。会場は千葉県の鷹之台カンツリー倶楽部(710...

第22回日本オープンゴルフ選手権(1957年)

2022.11.18
1957年9月21日付日刊スポーツ 1957年9月21日付日刊スポーツ

「那須の神様」小針春芳が中村、林らを退けて初優勝

 この年10月、カナダ・カップ(現ワールド・カップ)が日本で初めて開催された。埼玉・霞ケ関CCで行われ、中村寅吉、小野光一がチーム優勝、中村は個人も制した。日本に一大ゴルフブームを巻き起こした年になった。  その1カ月前、9月17~19日、愛知・愛知CC東山コースで日本オープンが開催された、7055ヤード、パー74の設定、プロ77人、アマ17人(プロ73人、...
10 / 16«First...89101112...Last»