日本プロゴルフ殿堂

偉業を称え、未来を拓く。ゴルフから

殿堂コラム

Japan Professional Golf Hall of Fame

カテゴリー

人気ランキング

最近の投稿

月間アーカイブ

殿堂コラム一覧

第12回日本プロゴルフ選手権(1937年)

2019.01.15
1937年9月17日付大阪毎日新聞 1937年9月17日付大阪毎日新聞

予選最下位からの戴冠。伏兵・上堅岩一が初優勝

 1937(昭和12)年7月、盧溝橋事件に端を発して日中は戦争状態に入った。ゴルフ界にも大きな影響があり、浅見緑蔵が招集を受けた。浅見にとって2度目のことだった。よって9月13日から千葉県の鷹之台CC(パー74)で行われたこの年の日本プロに浅見は出場していない。前年、同CC開催の関東プロを制していた優勝候補が舞台にすら立てなかった。2年前の日本プロ覇者・戸田...

第49回日本女子プロゴルフ選手権(2016年)

2018.12.17
優勝トロフィーを掲げる鈴木愛(写真提供:日本女子プロゴルフ協会) 優勝トロフィーを掲げる鈴木愛(写真提供:日本女子プロゴルフ協会)

海外勢の公式戦連勝を止め、鈴木愛が大会2勝目

 2014(平成26)年の日本女子プロにおいて20歳の大会最年少優勝の快挙を成し遂げた鈴木愛。実質的なルーキーイヤーでの大活躍は、次世代を担う新星の誕生を期待させるものだった。だが翌2015年は安定した成績は収めたものの未勝利。“2年目のジンクス”がのしかかっていた。真価が問われる3年目の2016年、鈴木は5月の中京テレビ・ブリヂストンレディスで待望のツアー...

第82回日本プロゴルフ選手権(2014年)

2018.12.03
優勝トロフィーを掲げる手嶋多一(写真提供:日本プロゴルフ協会) 優勝トロフィーを掲げる手嶋多一(写真提供:日本プロゴルフ協会)

難コースで競り勝った手嶋が日本タイトル2冠達成

 屈指の難コース、兵庫・ゴールデンバレーGCを制したのは手嶋多一だった。45歳7カ月23日での優勝は史上4番目の年長優勝(1位は尾崎将司49歳3カ月18日)となった。  大会を前にPGA倉本昌弘会長らがコースセッティングに関する会見を行った。「今回は日本プロ史上、最も広いフェアウエーになっていると思う。(自分の)プレーヤー目線で、選手たちが一番力を出せるコー...

第48回日本女子プロゴルフ選手権(2015年)

2018.11.19
優勝トロフィーを掲げるテレサ・ルー(写真提供:日本女子プロゴルフ協会) 優勝トロフィーを掲げるテレサ・ルー(写真提供:日本女子プロゴルフ協会)

テレサ・ルーが公式戦3冠を達成

 パサージュ琴海アイランドGC(6735ヤード、パー72)は長崎県の大村湾に面したシーサイドコースである。海に突き出た半島の上に展開する18ホールは日本プロゴルフ殿堂入りしている藤井義将の設計。入り組んだ海岸線を巧みに利用した海越えのホールがあるなど、随所で絶景が楽しめるコースである。  このパサージュ琴海アイランドGCで日本女子プロが開催されたのは2015...
3 / 3212345...102030...Last»