日本プロゴルフ殿堂

偉業を称え、未来を拓く。ゴルフから

殿堂コラム

Japan Professional Golf Hall of Fame

カテゴリー

人気ランキング

最近の投稿

月間アーカイブ

殿堂コラム一覧

第25回日本女子プロゴルフ選手権(1992年)

2018.08.20
大会初優勝を飾った具玉姫(写真提供:日本女子プロゴルフ協会) 大会初優勝を飾った具玉姫(写真提供:日本女子プロゴルフ協会)

4打差逆転で具玉姫が大会初制覇

 前年大会で奇跡的な復活優勝を飾った大迫たつ子、6月に米ツアー17勝目を挙げた岡本綾子、超大物ルーキーの服部道子、さらには米ツアーの実力者であるパティ・リゾも参戦。1992(平成4)年の日本女子プロは豪華な顔触れとなった。  会場は千葉県の平川CC(6505ヤード、パー72)。9月10日の初日、4アンダー、68をマークして首位に並んだのは前年優勝争いを繰り広...

第70回日本プロゴルフ選手権(2002年)

2018.08.13
5月20日付スポーツニッポン紙 5月20日付スポーツニッポン紙

自分でもびっくりの久保谷の優勝

 奈良・KOMACC(7048ヤード、パー72)での大会。コース難度を緩めて「バーディー合戦」を演出するはずが、そうはいかなかった。大会期間中は強風が吹くなど天候の試練に選手たちは苦しみ、最後に笑ったのはショットメーカーの久保谷健一だった。  コース設定の責任者だった倉本昌弘が大会前「4日間15アンダーもありうる」と話していたが、初日から「我慢大会」になる。...

第4回日本女子プロゴルフ選手権(1971年)

2018.07.17
1971年7月26日付スポーツニッポン 1971年7月26日付スポーツニッポン

再開直後のチャージで樋口が4連覇

 1971(昭46)年、日本女子プロは4年目を迎え、規模は徐々に大きくなっていた。参加者は過去最多の46人。第1回大会で15万円だった優勝賞金は50万円にまで増加した。  7月24日の初日、会場の貞宝CC(6575ヤード、パー74=愛知県)は前夜からの雨でティーショットがほとんど転がらない状態。ただでさえ長いコースが一層長く感じられた。  27ホールをプレー...

第69回日本プロゴルフ選手権(2001年)

2018.07.09
優勝トロフィーを掲げるディーン・ウィルソン(日本プロゴルフ協会50年史より) 優勝トロフィーを掲げるディーン・ウィルソン(日本プロゴルフ協会50年史より)

日系4世のウィルソンが初出場で優勝の快挙

 21世紀最初の日本プロは四半世紀ぶりの九州開催となった。会場は福岡県のザ・クィーンズヒルGC(7002ヤード、パー71)。うねりの大きいグリーンは固く、速く仕上げられ、選手たちの前に立ちはだかった。  初日、アンダーパーをマークしたのは10人だけ。3アンダー、68で回ったディーン・ウィルソン、久保谷健一、東聡、謝錦昇の4人が首位に並んだ。東は前年、初日から...
3 / 3012345...102030...Last»