日本プロゴルフ殿堂

偉業を称え、未来を拓く。ゴルフから

殿堂コラム

Japan Professional Golf Hall of Fame

カテゴリー

人気ランキング

最近の投稿

月間アーカイブ

殿堂コラム一覧

第37回日本プロゴルフ選手権(1969年)

2015.04.20
1969年9月8日付スポーツニッポン 1969年9月8日付スポーツニッポン

亡父の墓前に捧げた初優勝

 AOが台頭する直前、1960年代終盤から70年代初めの日本プロゴルフ界は「和製ビッグ3」と呼ばれた杉本英世、河野高明、安田春雄らを中心に群雄割拠の時代だった。戸田藤一郎、中村寅吉、石井朝夫といったベテラン勢も健在で、関西では杉原輝雄や島田幸作が存在感を増していた。強者がひしめく中、優勝経験のない28歳の若者が日本プロのビッグタイトルを手にしたのが1969(...

第46回日本プロゴルフ選手権(1978年)

2015.04.13
1978年8月21日付報知新聞 1978年8月21日付報知新聞

小林がAO対決の間隙ついて会心の逆転劇

 スルスルッと上がってきた伏兵が、間隙を突いてタイトルをもぎ取る。そんな「してやったり」の勝利を演じたのが小林富士夫だった。  北海道・小樽CC(6471メートル、パー72)で初めて開催された。初日、話題をさらったのが、尾崎将司、健夫の尾崎兄弟だった。尾崎将司は、インスタートから、16番パー5で30センチに付け、18番も取るなどこの日6バーディー、1ボギーの...

第44回日本プロゴルフ選手権(1976年)

2015.04.06
1976年9月27日付スポーツニッポン 1976年9月27日付スポーツニッポン

大会史上最多4人のプレーオフを制した金井清一

 82回に及ぶ歴史の中で、勝負の行方がプレーオフに持ち越されたのは10回ある。最初は第1回大会。36ホールストロークプレーのプレーオフで宮本留吉が福井覚治を下して初代王者に輝いた。続く第2回大会もプレーオフ。今度は18ホールの決戦で、中上数一が1打差で前年覇者の宮本を破っている。  その後、マッチプレーの時代や第二次世界大戦による中断等をはさんで3度目のプレ...

第39回日本女子プロゴルフ選手権(2006年)

2015.03.16
トロフィーを掲げる宮里藍(日本女子プロゴルフ協会提供) トロフィーを掲げる宮里藍(日本女子プロゴルフ協会提供)

稀代のヒロインが打ち立てた最年少記録

 今季の女子ツアーは37試合が予定され、賞金総額は歴代最高の33億3300万円にものぼる。21世紀に入って最も試合数が少なかった2003(平成15)年と比較すると7試合増えて賞金総額は実に約1.8倍。右肩上がりの成長に陰りは見えない。  この成長曲線の起爆剤となったのは宮里藍の出現であることに異論を唱える者はいないだろう。03年のミヤギテレビ杯ダンロップ女子...
29 / 35«First...1020...2728293031...Last»