日本プロゴルフ殿堂

偉業を称え、未来を拓く。ゴルフから

殿堂コラム

Japan Professional Golf Hall of Fame

カテゴリー

人気ランキング

最近の投稿

月間アーカイブ

殿堂コラム一覧

第22回日本女子プロゴルフ選手権(1989年)

2015.11.16
1989年9月11日付スポーツニッポン 1989年9月11日付スポーツニッポン

仲良しライバル対決を制して手にした15年シード

 年号が平成となった1989年の日本女子プロは“15年シード”をかけた2人の激突となった。  当時、日本女子プロと日本女子オープンの2冠を手にした選手には翌年から15年間もの長期シードが与えられる規定があった。“日本2冠”を達成していたのは樋口久子、大迫たつ子、森口祐子、涂阿玉の4人だけ。この偉業に挑んだのが前年の日本女子オープンチャンピオンで30歳の谷福美...

第62回日本プロゴルフ選手権(1994年)

2015.11.02
1994年5月16日付スポーツニッポン 1994年5月16日付スポーツニッポン

無名合田が涙の初V、バンカーからパターで脱出

 この年、記憶に残るプレーが生まれた。  舞台は岐阜・レイクグリーンGC(7138ヤード、パー71)。最終日最終ホール、バンカーからパターで脱出した合田洋のプレーは、いまもゴルフファンの記憶に焼きついている。  初日、首位に立ったのは合田。5アンダー66をマークして「アイアンショットの距離、方向ともとてもよかった」と、報知新聞は伝えている。ツアー未勝利、無名...

第17回日本女子プロゴルフ選手権(1984年)

2015.10.19
1984年9月24日付日刊スポーツ 1984年9月24日付日刊スポーツ

“因縁の対決”を制し黄玥珡が海外勢初制覇

 今年(2015年)の日本女子プロは台湾出身のテレサ・ルーが制した。台湾勢としては1985(昭和60)年の涂阿玉以来30年ぶりの大会制覇だった。  今、日本でプレーしている海外勢はイボミ、アンソンジュらを擁する韓国勢が圧倒的な層の厚さを誇っている。その中で、台湾勢として孤軍奮闘しているのがテレサ・ルーといった構図だ。だが、かつては台湾勢が日本女子ツアーを席巻...

第4回日本プロゴルフ選手権(1929年)

2015.10.05
六実リンクスの風景。右端のパッティングしている選手が宮本留吉(ゴルフドムより) 六実リンクスの風景。右端のパッティングしている選手が宮本留吉(ゴルフドムより)

大会初のパープレーで決めた大差V

 第1回大会から36ホールストロークプレーで行われていた日本プロは1929(昭和4)年の第4回大会から72ホールストロークプレー(2日間競技)へと競技方法を変更した。会場は千葉県の六実リンクス。初の関東開催となった。  六実リンクスは戦時中に閉鎖され、現存しない。東京都内にあった武蔵野CCが会員増加などによって手狭になったために千葉県松戸市に移転してつくった...
29 / 39«First...1020...2728293031...Last»