日本プロゴルフ殿堂

偉業を称え、未来を拓く。ゴルフから

殿堂コラム

Japan Professional Golf Hall of Fame

カテゴリー

人気ランキング

最近の投稿

月間アーカイブ

殿堂コラム一覧

第40回日本女子プロゴルフ選手権(2007年)

2016.08.15
トロフィーを掲げる飯島茜(提供日本女子プロゴルフ協会) トロフィーを掲げる飯島茜(提供日本女子プロゴルフ協会)

大会記録の好スコアで飯島茜が初メジャータイトル

 日本女子プロが創設されて40年目の節目の大会は広島県のリージャスクレストGCグランドコース(6560ヤード、パー72)で行われた。ロバート・トレント・ジョーンズJr設計の戦略性の高いコースを選手たちがどう攻略するかが見どころのひとつだった。  大会初日(9月6日)の最高気温は33.4度。厳しい残暑の中、132人の女子プロがスタートしていった。  首位に立っ...

第28回日本プロゴルフ選手権(1960年)

2016.08.01
優勝カップを持つ棚網良平(日本プロゴルフ協会50年史より) 優勝カップを持つ棚網良平(日本プロゴルフ協会50年史より)

最後のマッチプレー王者は伏兵・棚網

 1960(昭和35)年の日本プロは鹿島灘に面した大洗GC(茨城県、7200ヤード、パー72)で行われた。この国内有数の難コースで日本と名のつく大試合が開催されるのは初めてのことだった。  大会初日は5月23日の月曜日。快晴弱風の好コンディションに恵まれる中、93選手が翌日からのマッチプレーに進める16枠をかけて36ホールのストロークプレーを行った。トップで...

第6回日本女子プロゴルフ選手権(1973年)

2016.07.19
1973年8月24日付スポーツニッポン 1973年8月24日付スポーツニッポン

記録づくめの圧勝で女王・樋口が6連覇を達成

 1968(昭和43)年、天城CC(静岡県)でスタートした日本女子プロは翌年の第2回大会から愛知県の貞宝CCに舞台を移した。パー74ではあるが、6575ヤードと当時の女子にすればたっぷり距離のあるセッティングで行われ、優勝者のスコア(54ホール)は3オーバー、5オーバー、6オーバー、3オーバーと4年続けてオーバーパーだった。優勝者はすべて樋口久子。ほかの大会...

第64回日本プロゴルフ選手権(1996年)

2016.07.04
1996年5月13日付日刊スポーツ 1996年5月13日付日刊スポーツ

若手の壁に。尾崎将司が49歳4カ月の最年長優勝

 尾崎将司が最年長優勝記録を更新した。  岡山・山陽GC(7236ヤード、パー72)で行われた。第1日、首位に立ったのは尾崎将とT・ハミルトン。練習日に「15アンダーで優勝」を宣言していた尾崎将は4バーディー、ボギーなしの68をマークした。「セカンドの距離感が今イチ。お粗末なパッティングもあった」としながらも「誰にも破られないコースレコードをつくりたい。それ...
10 / 25«First...89101112...20...Last»