日本プロゴルフ殿堂

偉業を称え、未来を拓く。ゴルフから

殿堂コラム

Japan Professional Golf Hall of Fame

カテゴリー

人気ランキング

最近の投稿

月間アーカイブ

殿堂コラム一覧

第37回日本女子プロゴルフ選手権(2004年)

2016.03.21
トロフィーを掲げる肥後かおり(提供日本女子プロゴルフ協会) トロフィーを掲げる肥後かおり(提供日本女子プロゴルフ協会)

圧勝でつかんだ史上5人目の公式戦3冠

 2003(平15)年、女子ツアーは大きな転換点を迎えた。当時高校3年生だった宮里藍の優勝である。ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンに勝ったのが9月28日。翌週の日本女子オープンにアマチュアのまま出場したあと、10月7日にプロ宣言。この年に制定された“ツアープレーヤー以外の選手が優勝した場合、4週間以内に申請すればツアープレーヤー登録ができる”という新規定...

第53回日本プロゴルフ選手権(1985年)

2016.03.04
1985年8月12日付日刊スポーツ 1985年8月12日付日刊スポーツ

尾崎健夫がプレーオフ制し、31年ぶり兄弟制覇

 尾崎健夫が、金井清一とのプレーオフを制して、公式戦初勝利を飾った。尾崎3兄弟の次男。兄・将司はすでに2勝しており、兄弟の「プロ日本一」は石井哲雄、茂兄弟以来31年ぶりの快挙だった。  行われたのは真夏の8月8~11日、舞台は茨城・セントラルGC東コース(6640メートル、パー73)だった。第1日、首位に立った野口茂に、周囲はびっくりした。海老原清治が腰痛の...

第33回日本女子プロゴルフ選手権(2000年)

2016.02.15
トロフィーを持つ高村亜紀(提供日本女子プロゴルフ協会) トロフィーを持つ高村亜紀(提供日本女子プロゴルフ協会)

大会史上最多、5人のプレーオフを制した高村亜紀

 西暦2000(平成12)年、ミレニアムイヤーと呼ばれたこの年の日本女子プロは大会史上まれに見る大混戦となった。  会場は福島県のリベラルヒルズGC(6409ヤード、パー72)。日本女子プロゴルフ協会副会長の岡本綾子が2年ぶりにセッティングを担当した。美浦GC(茨城県)で行われた2年前はフェアウエーを絞ってラフを伸ばしたセッティングで優勝スコアが23年ぶりの...

第31回日本プロゴルフ選手権(1963年)

2016.02.01
1963年5月24日付スポーツニッポン 1963年5月24日付スポーツニッポン

次世代の旗手・橘田規が大会初制覇

 アニメ「鉄腕アトム」の放送が始まり、梓みちよの「こんにちは赤ちゃん」がレコード大賞受賞。国民的ヒーローだった力道山がこの世を去り、アメリカではケネディ大統領が凶弾に倒れた。終戦から18年たった1963(昭和38)年はそんな年だった。  ゴルフ界では戦後のプロトーナメントを牽引してきた中村寅吉や林由郎、小野光一、小針春芳らはすでに40歳を超えていた。それでも...
20 / 32«First...10...1819202122...30...Last»