日本プロゴルフ殿堂

偉業を称え、未来を拓く。ゴルフから

殿堂コラム

Japan Professional Golf Hall of Fame

カテゴリー

人気ランキング

最近の投稿

月間アーカイブ

殿堂コラム一覧

第54回日本プロゴルフ選手権(1986年)

2016.05.16
1986年7月28日付日刊スポーツ 1986年7月28日付日刊スポーツ

最後のAO最終組対決は、青木が尾崎将を振り切り3度目V

 1970~80年代を彩った「AO対決」。最終日最終組での青木功、尾崎将司の対決はこの大会では最後になった。  7月24~27日、岐阜・日本ラインGC(6187メートル、パー72)で行われた。連日体感温度35度を超える蒸し暑い大会になった。第1日、そんな暑さを振り切って49歳の杉原輝雄が首位に立った。1番で6メートルを決めてバーディースタートから、この日は7...

第32回日本プロゴルフ選手権(1964年)

2016.05.09
1963、64年と2連覇した橘田規(日本プロゴルフ協会50年史より) 1963、64年と2連覇した橘田規(日本プロゴルフ協会50年史より)

橘田規が大会史上5人目の連覇を達成

 1964(昭和39)年日本プロの舞台は大阪府の北東部、京都府との境に位置する枚方CC(7050ヤード、パー72)だった。井上誠一の設計で1959年に開場。大きなトーナメントの会場となるのは初めてのことだった。  強い西風が吹いた初日、参加した112選手の中でアンダーパーをマークできたのは1アンダーの71で回った首位タイの3人だけだった。その中の1人は49歳...

第63回日本プロゴルフ選手権(1995年)

2016.05.02
1995年5月15日付スポーツニッポン 1995年5月15日付スポーツニッポン

佐々木久行が5打差大逆転で初優勝

 日本プロが初めて青森県で開催された。5月11~14日、青森・夏泊GL(7058ヤード、パー72)で行われた。  第1日、話題をさらったのは54歳の金井清一だった。93、94年のシニアツアー賞金王が、5アンダー67で回って2位でホールアウト。ツアー初優勝が72年のこの大会、2勝目も76年のこの大会。19年ぶりの優勝となれば最年長、最長間隔にもなる。インスター...

第13回日本女子プロゴルフ選手権(1980年)

2016.04.18
1980年7月14日付スポーツニッポン 1980年7月14日付スポーツニッポン

惜敗続きに終止符。ようやくつかんだ日本一の座

 日本女子プロの優勝は、単なる1勝ではない。女子ツアーで最も長い歴史を誇るトーナメントを制することはすなわち“女子プロゴルファー日本一”の称号を得ること。勝者は歴史に名を刻み、末永く称えられる。  だから、女子プロゴルファーならば誰もが一度は手にしたいタイトルである。トップクラスの実力がある者ならばなおさらだろう。しかし、簡単には手が届かないのも事実。指先が...
20 / 33«First...10...1819202122...30...Last»