日本プロゴルフ殿堂

偉業を称え、未来を拓く。ゴルフから

殿堂コラム

Japan Professional Golf Hall of Fame

カテゴリー

人気ランキング

最近の投稿

月間アーカイブ

殿堂コラム一覧

第45回日本プロゴルフ選手権(1977年)

2015.01.05
日本プロゴルフ協会50年史より 日本プロゴルフ協会50年史より

中嶋常幸が22歳で初日本一

 ほっそりとしたメガネをかけた青年。中嶋常幸は1976年のプロデビュー当時、それまでのゴルファーとは違った、どこか会社員然としたスタイルで登場した。日本アマなどアマタイトルを総ナメにして、ツアー1年目の76年には3勝を挙げ、この年も既に2勝している。「ジャンボさん(尾崎将司)と同じ、デビュー2年目に日本プロのタイトルを取りたい」と臨んだ大会で、言葉通り22歳...

第30回日本女子プロゴルフ選手権(1997年)

2014.12.15
トロフィーを掲げる福嶋晃子(日本女子プロゴルフ協会提供) トロフィーを掲げる福嶋晃子(日本女子プロゴルフ協会提供)

悔し涙を笑顔に変えた福嶋晃子

 プロ野球選手を父に持ち、比類なき飛距離でジュニア時代から大きな注目を集めていた福嶋晃子がプロ入りしたのは1992(平成4)年、19歳の時だった。翌93年には早くもシードを獲得し、94年には初優勝と順調に歩を進める。95年には2勝を挙げて賞金ランキング3位に入り、96年に23歳の若さで賞金女王に上り詰めた。  誰もが羨む快進撃。その福嶋に唯一足りなかったのが...

第8回日本プロゴルフ選手権(1933年)

2014.12.01
1933年10月5日付、東京日日新聞 1933年10月5日付、東京日日新聞

モンテス旋風が吹き荒れ、史上初の連覇達成

 日本プロに初めて出場した海外選手は1930(昭和5)年の第5回大会における台湾の陳清水(後に日本に帰化)だった。陳は優勝した村木章に19打差をつけられたが2位に食い込んでいる。翌年には同じ台湾から林万福も参戦。そして32年にはフィリピンから来日したラリー・モンテスが旋風を巻き起こした。 第8回日本プロゴルフ選手権成績  日本プロゴルフ協会30年史には「突如...

第29回日本女子プロゴルフ選手権(1996年)

2014.11.17
トロフィーを掲げる塩谷育代(日本女子プロゴルフ協会提供) トロフィーを掲げる塩谷育代(日本女子プロゴルフ協会提供)

わずか1年3カ月での3冠達成

 現在、日本女子プロゴルフ協会が公式戦(メジャー)としているのは日本女子プロ、日本女子オープン、LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ、ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップの4試合である。ワールドレディスがメジャーに昇格したのは2008(平成20)年。それまではメジャー3大会制だった。つまり、かつては3大会すべてに勝てば日本女子ツアー版の...
20 / 24«First...10...1819202122...Last»