日本プロゴルフ殿堂

偉業を称え、未来を拓く。ゴルフから

殿堂コラム

Japan Professional Golf Hall of Fame

カテゴリー

人気ランキング

最近の投稿

月間アーカイブ

日本プロゴルフ選手権

第66回日本プロゴルフ選手権(1998年)

2018.04.02
1998年5月17日付日刊スポーツ 1998年5月17日付日刊スポーツ

ジョーブが尾崎将をプレーオフで下し、初の日本タイトル

 5月14~17日、奈良・グランデージGC(7082ヤード、パー72)で行われた大会は、80年代後半からの絶対王者、ジャンボ尾崎将司に陰りが見えてきた大会になった。  第1日、小達敏昭が首位に立った。細身の体をしならせて打つ飛距離が持ち味で、4つのパー5をすべてバーディーに仕留めるなど、8バーディー、1ボギーの7アンダー65をいきなりマークした。最終18番の...

第74回日本プロゴルフ選手権(2006年)

2018.03.12
優勝トロフィーを掲げる近藤智弘(日本プロゴルフ協会50年史より) 優勝トロフィーを掲げる近藤智弘(日本プロゴルフ協会50年史より)

プレーオフを制し、近藤智弘がシルバーコレクター返上

 岐阜県の谷汲CC(7003ヤード、パー72)で行われた2006(平成18)年の日本プロは波乱の幕開けとなった。7アンダーの単独首位でホールアウトしていた尾崎直道が失格となってしまったのだ。  前日の雨の影響でボールに泥がつきやすい状況だったため、大会側から「スルーザグリーンにある球は、罰無しに拾い上げて拭くことが出来る。その後、その球は必ずリプレースしなけ...

第61回日本プロゴルフ選手権(1993年)

2018.02.05
1993年5月17日付スポーツニッポン紙 1993年5月17日付スポーツニッポン紙

2万人観衆の中、尾崎将司が大会最多5度目V、通算80勝の区切り

 尾崎将司が大会史上最多の5度目の優勝を果たした。  兵庫・スポーツ振興CC山の原C(6840ヤード、パー72)で行われた大会第1日、午前7時50分スタートの第1組、33歳の真板潔がスタート10番で残り105ヤードの第2打を直接入れるイーグル発進。右のラフから半分沈んだボールをピチングウエッジでのショットに「ヨーイドンの一発は気持ちがいい」と日刊スポーツ紙に...

第34回日本プロゴルフ選手権(1966年)

2018.01.09
1966年8月8日付スポーツニッポン新聞 1966年8月8日付スポーツニッポン新聞

記録的な大逆転で河野光隆が大会連覇

 日本プロにおける最大の逆転劇は2013(平成25)年に起こった9打差逆転である。首位の松山英樹から9打差の17位にいた金亨成が最終日に65を叩き出し、75と崩れた松山を抜き去った。この9打差は男子ツアーにおける最大差逆転タイ記録でもある。  この9打差逆転に負けないくらい衝撃的な逆転劇を成し遂げた選手がいる。1966(昭和41)年の河野光隆だ。  河野は前...
1 / 1612345...10...Last»