日本プロゴルフ殿堂

偉業を称え、未来を拓く。ゴルフから

殿堂コラム

Japan Professional Golf Hall of Fame

カテゴリー

人気ランキング

最近の投稿

月間アーカイブ

日本プロゴルフ選手権

第26回日本プロゴルフ選手権(1958年)

2017.11.06
1958年10月12日付スポーツニッポン 1958年10月12日付スポーツニッポン

ジンクスを吹き飛ばして中村寅吉が大会連覇

 競技方法がマッチプレーだった時代の日本プロは初日に36ホールストロークプレーの予選を行い、上位16人(1931~33年は上位8人)がマッチプレーに駒を進める形だった。予選のトップ通過者はメダリストと称される。これは、かつてストロークプレーがメダルプレーとも呼ばれていたことに由来する。  マッチプレー開催は計22回あった。太平洋戦争中に唯一開催された1942...

第57回日本プロゴルフ選手権(1989年)

2017.10.02
1989年8月7日付日刊スポーツ 1989年8月7日付日刊スポーツ

尾崎将、15年ぶり勝利に「自分をほめてやりたい」

 尾崎将司が前年の雪辱を果たし、この年初めてそろい踏みとなったライバル「AN」を寄せ付けないゴルフで、15年ぶりにこのタイトルを手中に収めた。  栃木・烏山城CC(6968ヤード、パー71)で行われた。第1日に首位に立ったのは、無名の嘉松(かまつ)望。この大会の出場資格は後期予選会の79位までだったが、嘉松は78位のギリギリで出場を果たした。3番から3連続バ...

第35回日本プロゴルフ選手権(1967年)

2017.09.04
1967年9月5日付スポーツニッポン 1967年9月5日付スポーツニッポン

鮮やかな逆転劇で宮本省三が初のプロ日本一に

 愛知県にある三好CCは1961(昭和36)年開場のコースである。ゴルフファンには男子ツアー東海クラシックの会場としてなじみのある場所だろう。  設計はジョー・アーネスト・クレーン。日本で指折りの歴史がある鳴尾GC(兵庫県)の黎明期に重要な役割を果たしたクレーン3兄弟の1人で、コース設計者としても名を馳せた人物である。  三好CCでは開場2年後の1963年と...

第49回日本プロゴルフ選手権(1981年)

2017.08.07
日食と青木のショット(日刊スポーツ新聞、1981年8月1日付) 日食と青木のショット(日刊スポーツ新聞、1981年8月1日付)

青木が王者のゴルフで2度目のタイトル

 青木功が39歳の年に、39勝目を2度目の日本一のタイトルで飾った。  北海道・札幌後楽園CC(6372メートル、パー72)で行われた大会だが、連日32度を超える猛暑に見舞われた。初日、首位に立ったのは川田時志春と内田繁。川田はこの年の5月のフジサンケイクラシックで青木との激闘を制して初優勝を飾っている。日刊スポーツ紙によると、練習ラウンドから「ラフに入れる...
1 / 1412345...10...Last»