日本プロゴルフ殿堂

偉業を称え、未来を拓く。ゴルフから

殿堂コラム

Japan Professional Golf Hall of Fame

カテゴリー

人気ランキング

最近の投稿

月間アーカイブ

日本女子プロゴルフ選手権

第52回日本女子プロゴルフ選手権(2019年)

2019.11.18
優勝トロフィーを掲げる畑岡奈紗<Photo:Getty Images> 優勝トロフィーを掲げる畑岡奈紗<Photo:Getty Images>

大会新記録の18アンダーで畑岡奈紗が8打差圧勝

 時代が平成から令和へと移った2019(令和1)年、女子プロゴルフ界は渋野日向子の全英女子オープン制覇で一層の盛り上がりをみせた。前年、プロテストに合格したばかりの渋野はまさに突如現れた超新星。ニューヒロイン見たさに女子ツアーには多くの観客が詰めかけていた。  日本女子プロの会場となった兵庫県のチェリーヒルズGC(6425ヤード、パー72)も大勢のギャラリー...

第51回日本女子プロゴルフ選手権(2018年)

2019.01.28
優勝トロフィーを掲げる申ジエ(写真提供:日本女子プロゴルフ協会) 優勝トロフィーを掲げる申ジエ(写真提供:日本女子プロゴルフ協会)

元世界女王・申ジエが公式戦3冠を達成

 女子の世界ランキングが制定されたのは2006(平成18)年2月のことである。初代女王はスウェーデンのアニカ・ソレンスタム。当時、圧倒的な存在感を誇っていたソレンスタムは60週にわたってその座を守った。ソレンスタムに取って代わったのがメキシコのロレーナ・オチョアだった。オチョアは2007年4月に1位に立つと158週もの“長期政権”を築き上げた。2010年5月...

第49回日本女子プロゴルフ選手権(2016年)

2018.12.17
優勝トロフィーを掲げる鈴木愛(写真提供:日本女子プロゴルフ協会) 優勝トロフィーを掲げる鈴木愛(写真提供:日本女子プロゴルフ協会)

海外勢の公式戦連勝を止め、鈴木愛が大会2勝目

 2014(平成26)年の日本女子プロにおいて20歳の大会最年少優勝の快挙を成し遂げた鈴木愛。実質的なルーキーイヤーでの大活躍は、次世代を担う新星の誕生を期待させるものだった。だが翌2015年は安定した成績は収めたものの未勝利。“2年目のジンクス”がのしかかっていた。真価が問われる3年目の2016年、鈴木は5月の中京テレビ・ブリヂストンレディスで待望のツアー...

第48回日本女子プロゴルフ選手権(2015年)

2018.11.19
優勝トロフィーを掲げるテレサ・ルー(写真提供:日本女子プロゴルフ協会) 優勝トロフィーを掲げるテレサ・ルー(写真提供:日本女子プロゴルフ協会)

テレサ・ルーが公式戦3冠を達成

 パサージュ琴海アイランドGC(6735ヤード、パー72)は長崎県の大村湾に面したシーサイドコースである。海に突き出た半島の上に展開する18ホールは日本プロゴルフ殿堂入りしている藤井義将の設計。入り組んだ海岸線を巧みに利用した海越えのホールがあるなど、随所で絶景が楽しめるコースである。  このパサージュ琴海アイランドGCで日本女子プロが開催されたのは2015...
1 / 1312345...10...Last»