日本プロゴルフ殿堂

偉業を称え、未来を拓く。ゴルフから

殿堂コラム

Japan Professional Golf Hall of Fame

カテゴリー

人気ランキング

最近の投稿

月間アーカイブ

日本女子プロゴルフ選手権

第9回日本女子プロゴルフ選手権(1976年)

2017.11.20
マレット型のパターを手にラインを読む樋口(アサヒゴルフ1976年10月号より) マレット型のパターを手にラインを読む樋口(アサヒゴルフ1976年10月号より)

女王・樋口がイップスを乗り越えてつかんだ復活優勝

 イップスという言葉がある。スポーツ選手が、それまで当たり前にできていた動作をうまくできなくなってしまう症状のことを指す。精神的なものが主たる原因だといわれている。  ゴルフではパッティングやアプローチの際に手がうまく動かなくなるという症状が多い。中にはドライバーイップスで苦しんだ選手もいる。イップスが原因で競技生活をあきらめざるを得なることすらある、深刻な...

第28回日本女子プロゴルフ選手権(1995年)

2017.10.16
優勝カップを持つ高村亜紀(写真提供:日本女子プロゴルフ協会) 優勝カップを持つ高村亜紀(写真提供:日本女子プロゴルフ協会)

同期対決を制して高村亜紀が公式戦初優勝

 プロゴルファーは基本的に同じプロテストで合格した者が“同期”という扱いになる。日本女子プロゴルフ協会の場合、今年(2017年)のプロテストに合格した勝みなみらは89期生となる。50年の歴史で89期という理由は、かつて年2回プロテストが行われていたことなどにある。  高村亜紀と福嶋晃子は高村が1学年上であるがプロ同期である。ジュニア時代から度々優勝争いを演じ...

第3回日本女子プロゴルフ選手権(1970年)

2017.09.28
1970年日本女子プロ報知新聞社発行「ゴルフ」1970年10月号 1970年日本女子プロ報知新聞社発行「ゴルフ」1970年10月号

米国流ファッションで登場した樋口が大会3連覇

 1970(昭和45)年4月、樋口久子と佐々木マサ子は米国に向かった。目的は米女子ツアーに参戦するため。自分たちのゴルフが“本場”でどれだけ通用するのか、期待と不安が入り交じった渡航だった。  目にするもの、経験することが何もかも新鮮だった。中でも樋口の興味を引いたのが選手たちのファッションだった。ウェアはみなカラフル。中にはノースリーブやミニスカートをまと...

第47回日本女子プロゴルフ選手権(2014年)

2017.08.21
優勝カップを掲げる鈴木愛(写真提供:日本女子プロゴルフ協会) 優勝カップを掲げる鈴木愛(写真提供:日本女子プロゴルフ協会)

藍の記録を愛が超えた。20歳の鈴木愛が大会最年少V

 記録は常に塗り替えられる。宮里藍が打ち立てていた21歳83日の大会最年少優勝記録をプロになって1年余りの20歳の選手が更新した。2014(平成26)年の日本女子プロは大会史に残る一戦となった。  会場は兵庫県の美奈木GC(6645ヤード、パー72)。前年のプロテスト会場でもある。このプロテストを2位で合格した成田美寿々は日本女子プロを迎えた時点で早くも2勝...
1 / 1012345...10...Last»