日本プロゴルフ殿堂

偉業を称え、未来を拓く。ゴルフから

殿堂コラム

Japan Professional Golf Hall of Fame

カテゴリー

人気ランキング

最近の投稿

月間アーカイブ

日本プロゴルフマッチプレー選手権

第7回日本プロゴルフマッチプレー選手権(1981年)

2021.01.04
「雨中の激闘をたたえ合う青木功(右)と長谷川勝治」(週刊アサヒゴルフ1981年6月3日号より) 「雨中の激闘をたたえ合う青木功(右)と長谷川勝治」(週刊アサヒゴルフ1981年6月3日号より)

8時間の激闘を制し、青木が3度目の優勝

 青木功が日本男子初の米ツアー優勝を成し遂げたのが1983(昭和58)年のハワイアンオープンであることは広く知られている。その2年前、1981(昭和56)年にも青木はハワイアンオープンで3位という好成績を残している。勝つための下地は十分にあったわけだ。そして、この3位が青木のゴルフ人生の大きな転機になる。当時は年間獲得賞金が8000ドルに達すると米ツアーのラ...

第6回日本プロゴルフマッチプレー選手権(1980年)

2020.12.21
優勝カップを掲げる安田春雄(週刊アサヒゴルフ1980年5月28日号より) 優勝カップを掲げる安田春雄(週刊アサヒゴルフ1980年5月28日号より)

ガッツ安田がプロ19年目の日本タイトル奪取

 78、79年連覇で「マッチの鬼」と呼ばれた青木功の大会3連覇が注目された。舞台も同じ戸塚CC西C(6443ヤード、パー72)。もう1人、前週のフジサンケイを制して勢いがある尾崎将司との対決も期待された。  第1日は32人が参加して、1、2回戦(各18ホール)が行われた。1回戦、注目の2人は、早々に苦い顔になる。横島由一と対戦した青木は、得意のパットが決まら...

第5回日本プロゴルフマッチプレー選手権(1979年)

2020.12.07
連覇を果たした青木のショット(週刊アサヒゴルフ1979年6月13日号より) 連覇を果たした青木のショット(週刊アサヒゴルフ1979年6月13日号より)

世界王者・青木が大会連覇

 従来は初日、2日目に36ホールストロークプレーの予選を行ってマッチプレーに進む32人を絞っていたが、第5回を迎えた1979(昭和54)年は事前に東西で予選を行い、本戦は32人によるマッチプレーのみという競技方法となった。  この大会、注目を一身に集めていたのが青木功である。前年の賞金王でディフェンディングチャンピオンということも理由だが、それだけではない。...

第4回日本プロゴルフマッチプレー選手権(1978年)

2020.11.12
優勝カップを掲げる青木功(アサヒゴルフ1978年8月号より) 優勝カップを掲げる青木功(アサヒゴルフ1978年8月号より)

「マッチの鬼」誕生、青木功が初制覇

 マッチプレーはだれが強いか、と聞かれたら、1980年前後は間違いなく「青木功」と答えが返ってくる。青木が初めてマッチプレー日本一に輝いたのが、この年の大会だった。  神奈川・戸塚C西コース(6483ヤード、パー72)で行われた。第1、2日は36ホール・ストロークプレーによる予選が行われ、130人が出場、上位32人が決勝ラウンドのマッチプレーに進出した。メダ...
1 / 212