日本プロゴルフ殿堂

偉業を称え、未来を拓く。ゴルフから

顕彰者紹介

Japan Professional Golf Hall of Fame

レジェンド部門

安田 幸吉

やすだ・こうきち

安田 幸吉

安田 幸吉

1905(明治38)年3月1~
2003(平成15)年10月6日

初代PGA会長としてプロゴルフ界を牽引

子供のころから東京・駒沢にあった東京GCでキャディーをしており、17歳からレッスンなどプロとしての活動をスタート。関東ではプロの先駆けであった。クラブの製作や修理にも長けており、1927年には昭和天皇へ献上するクラブ製作の任を受けている。

勝利には恵まれなかったが安定した成績を残し、1929年には宮本留吉とともに日本人プロ初の海外遠征メンバーに選ばれてハワイアンオープンに参戦、17位に入っている。その後、2度の米国本土遠征メンバーにも入り、1935年には全米オープンにも出場した。

1957年に組織された日本プロゴルフ協会の初代理事長(現在の会長職)に就任。1991年にはプロゴルフ界初となる叙勲(勲三等瑞宝章)の栄誉を授かった。また、コース設計家としても手腕をふるい、小樽CC(北海道)など50を超えるコースの設計や監修、改造に携わっている。

主な戦績

日本オープン2位3回
1928、29、30年
日本プロ2位1回
1929年
関東プロ2位3回
1931、35、37年

主な受賞歴

勲三等瑞宝章
1991年
スポーツ功労賞
1991年
顕彰者一覧