日本プロゴルフ殿堂

偉業を称え、未来を拓く。ゴルフから

顕彰者紹介

Japan Professional Golf Hall of Fame

女子プレーヤー部門

涂 阿玉

と・あぎょく

涂 阿玉

涂 阿玉

1954(昭和29)年9月29日生まれ

69勝を挙げた台湾の至宝

台湾出身。中学卒業後に台中の豊原CCにキャディーとして就職。17歳で淡水GCに移り、陳金獅プロのもとでゴルファーとしての修業を積んだ。アマチュア時代から日本女子ツアーに出場しており、清元登子がアマチュア優勝を果たした1973(昭和48)年トヨトミレディスでは2位に入っている。
1974年にプロとなり、日本女子ツアーに参戦。同年の東海クラシックで初優勝を飾った。1981年に準会員として日本女子プロゴルフ協会入会。歴代2位となる計7回の賞金女王に輝いた。中でも1982年から86年は5年連続で賞金女王に輝き、この間の年間優勝数は、9、9、7、7、9と無類の強さを発揮。最終日は上下ピンクのウエアを好み、「ピンクパンサー」のニックネームでも知られた。
1990年代前半に右大腿部つけ根を痛めるなどして低迷したが、2002年の再春館レディースで9年ぶりの復活優勝。日本国内の勝利数が入会前を含めて「69」となり、樋口久子の最多記録に並んだ。
現在、男女を通じて外国人選手唯一の永久シード保持者である。

主な戦績

国内69勝

日本女子プロ1勝
1985年
日本女子オープン3勝
1983、86、91年
LPGAレディーボーデンカップ3勝
1979、82、83年
賞金女王7回
1982~86、89、91年
顕彰者一覧