日本プロゴルフ殿堂

偉業を称え、未来を拓く。ゴルフから

顕彰者紹介

Japan Professional Golf Hall of Fame

女子プレーヤー部門

森口 祐子

もりぐち・ゆうこ

森口 祐子

森口 祐子

1955(昭和30)年4月13日生まれ

41勝を挙げたママさんプレーヤーのパイオニア

富山県出身。高校時代はバスケットボール部の主将として活躍していたが、在学中に父親(生(せい)幹(かん)氏)の影響で始めたゴルフで身を立てることを決意。岐阜関CC(岐阜県)の井上清次プロに弟子入りした。 1975(昭和50)年春のプロテストに20歳で合格する。1978(昭和53)年のワールドレディスで初優勝を飾ると、同年は日本女子プロにも優勝。以降、着実に勝ち星を伸ばしていった。 1984(昭和59)年に結婚し、同年に長男を出産。翌1985(昭和60)年に復帰すると、日本女子オープンなど年間5勝の大活躍。日本人選手としては初めてのママさん優勝者となったほか、史上2人目の公式戦3冠も達成した。1986(昭和61)年シーズンは長女出産のため全休。復帰後、またも優勝を重ねる強さを発揮した。 通算41勝中、母親となってから実に18勝をマーク。育児をしながらプロゴルファーとしての活動をやり遂げ、ママさんプレーヤーのパイオニアとして新たな道を切り拓いた功績は大きい。

主な戦績

通算41勝

日本女子プロ1勝
1978年
日本女子オープン2勝
1985、90年
LPGAレディーボーデンカップ3勝
1981、85、87年
ワールドレディス2勝
1978、92年
顕彰者一覧