日本プロゴルフ殿堂

偉業を称え、未来を拓く。ゴルフから

顕彰者紹介

Japan Professional Golf Hall of Fame

レジェンド部門

杉本 英世

すぎもと・ひでよ

杉本 英世

杉本 英世

1938(昭和13)年2月16日生まれ

パワーゴルフで新時代を切り拓いた「ビッグ・スギ」

静岡県出身。高校時代は並外れた体格であらゆるスポーツを手掛けた。柔道は始めて8カ月で黒帯となり、野球は当時近鉄の監督だった別当薫から誘われるほどの腕前だった。故郷の川奈ホテルゴルフコースで石井茂に師事してプロゴルファーを目指し、1959年のプロテストで合格。1964年の日本オープンで初優勝を飾った時は中村寅吉から「もうオレの時代は終わった。スギのゴルフを見ているとつくづくそう思う」と言わしめた。海外でも活躍し、マスターズに2度(1967、68年)全米オープンに1度(1968年)出場。1968年には日本人で初めて米ツアーのライセンスを獲得している。180センチ近い体躯を生かしたスケールの大きなゴルフで「ビッグ・スギ」の愛称で親しまれ、第一線を退いてからもコース設計やトーナメントの解説、レッスン番組など幅広く活躍してきた。

主な戦績

国内14勝 ※1973年以降は賞金ランキング加算競技が対象

日本オープン2勝
1964、69年
日本シリーズ1勝
1969年
関東プロ1勝
1966年
グランドモナーク1勝
1965年
ゴールデンマッチ2勝
1966、69年
愛鷹オープン1勝
1969年
ロレックストーナメント1勝
1969年
全日本ダブルス3勝
1969、70、73年
くずは国際トーナメント1勝
1970年
サントリーオープン1勝
1973年

海外3勝

台湾オープン1勝
1969年
シンガポールオープン1勝
1972年
マレーシアオープン1勝
1973年

代表歴

ワールドカップ
1965、66、67年

プロ野球もスカウトに来たスポーツ少年

杉本英世1

 

日本オープン観戦で刺激、漁師からゴルフの道へ

杉本英世2

 

林由郎が認めた。「とんでもないやつがいる」

杉本英世3

 

プロ合格、2年目で手に入れた自分のクラブの値段は?

杉本英世4

 

日本オープン初Vからビッグスリーの時代へ

杉本英世5

 

68年カナダカップ2位でゴルフブーム再燃

杉本英世6

 

アクシデントが生んだ、日本選手初のツアーライセンス

杉本英世7

 

米国から持ち帰った「アメリカン打法」で優勝量産

杉本英世8

 

自分も成し遂げた世代交代、尾崎将の言葉に強烈な危機感

杉本英世9

顕彰者一覧