日本プロゴルフ殿堂

偉業を称え、未来を拓く。ゴルフから

顕彰者紹介

Japan Professional Golf Hall of Fame

レジェンド部門

佐藤 精一

さとう・せいいち

佐藤 精一

佐藤 精一

1932(昭和7)年9月10日生まれ

日本タイトル2冠を手にした“早打ちマック”

東京都出身。18歳の時に我孫子GC(千葉県)にキャディーとして入り、プロゴルファーを目指す。我孫子一門の山本増二郎や林由郎のもとで修業し、晴れてプロとなったのは1955(昭和30)年、23歳の時だった。 1961(昭和36)年に袖ヶ浦CC(千葉県)へ移籍。プロ入り後、長く優勝という結果を残せなかったが、1966(昭和41)年にホームコースの袖ヶ浦CCで開催された日本オープンでついに初優勝を飾る。最終ホールの劇的なバーディーで手にした栄冠だった。その後、関東プロに勝ち、1970(昭和45)年には日本プロを制覇。日本オープン、日本プロの両タイトルを手にするのは史上9人目の快挙だった。 我孫子時代に培った多彩なテクニックでファンを魅了し、間髪入れずに打つプレーの速さから“早打ちマック”の愛称でも親しまれた。また、テレビのレッスン番組にも多数出演し、お茶の間でも人気者となった。シニアでも日本プロシニアを制するなど、数々のタイトルを獲得している。

主な戦績

日本オープン1勝
1966年
日本プロ1勝
1970年
関東プロ1勝
1967年
日本プロシニア1勝
1982年
通算11勝
顕彰者一覧