日本プロゴルフ殿堂

偉業を称え、未来を拓く。ゴルフから

顕彰者紹介

Japan Professional Golf Hall of Fame

レジェンド

小林 法子

こばやし・のりこ

小林 法子

小林 法子

1944(昭和19)年11月15日生まれ

選手、役員両面で長く女子プロ界を支えた

千葉県出身。中学卒業後、千葉市内のゴルフ練習場に事務員として勤務。その後、ゴルフを始めて腕を上げ、女子プロ1期生の一員となった。 1973(昭和48)年、初優勝を日本女子オープンのビッグタイトルで飾る。以降も勝ち星を積み重ね、通算9勝目となった1987(昭和62)年の那須小川レディスでは42歳という当時の女子最年長優勝記録を打ち立てている。  プレーヤーとしての活躍のみならず、数々の役員を歴任して日本女子プロゴルフ協会の発展に大きく寄与してきた。1976(昭和51)年に設置された競技運営委員会では初代委員長に就任。2002(平成14)年に立ちあがったTPD(トーナメント・プレーヤーズ・ディビジョン)委員会でも初代部門長として腕をふるい、2008(平成20)年からの3年間は副会長として樋口久子会長を補佐した。

主な戦績

日本女子オープン1勝
1973年
美津濃トーナメント2勝
1976、79年
日本女子プロゴルフ愛媛マッチ1勝
1976年
北陸クイーンズ1勝
1977年
広島女子オープン1勝
1978年
山陽クイーンズ1勝
1978年
那須小川レディス2勝
1983、87年
通算9勝
顕彰者一覧