日本プロゴルフ殿堂

偉業を称え、未来を拓く。ゴルフから

顕彰者紹介

Japan Professional Golf Hall of Fame

レジェンド部門

橘田 規

きった・ただし

橘田 規

橘田 規

1934(昭和9)年4月20日~
2003(平成15)年3月22日

水平打法で勝ち取った日本タイトル3冠

兵庫県出身。19歳でプロ入りし、23歳の時に関西プロで初優勝。米国留学ではゴルフ場のプロショップで働きながら言葉やシステムを学び、午後は練習。「プロショップのこと、レッスンの仕方、勝負はパッティングで決まることなど学ぶことは多かった」と語っている。米国留学を経て大きく成長し、次々にタイトルを獲得。日本シリーズこそ2位が2度など優勝には届かなかったが、堂々日本3冠(日本プロ、日本オープン、日本プロマッチプレー)を達成したほか、関西プロ、関西オープンなど主要タイトルをほぼ手中にしている。ワールドカップ代表には1961年から5年連続で選出され、1970、71年には全英オープンにも出場した。

主な戦績

国内21勝

※1973年以降は賞金ランキング加算競技が対象

日本プロ2勝
1963、64年
日本オープン2勝
1965、67年
日本プロマッチプレー1勝
1977年
関西プロ2勝
1957、66年
関西オープン3勝
1958、62、63年
読売プロ1勝
1960年
中日クラウンズ2勝
1962、65年
ゴールデンマッチ2勝
1964、65年
くずは国際トーナメント2勝
1966、69年
西日本サーキット下関1勝
1968年
ロレックストーナメント1勝
1971年
中部オープン2勝
1972、74年

国内シニア4勝

日本プロシニア1勝
1986年
関西プロシニア2勝
1985、86年
関西プログランドシニア1勝
1994年

海外1勝

タイオープン1勝
1966年

代表歴

ワールドカップ
1961、62、63、64、65年
顕彰者一覧