日本プロゴルフ殿堂

偉業を称え、未来を拓く。ゴルフから

顕彰者紹介

Japan Professional Golf Hall of Fame

2012年(平成24年)殿堂入り

林 由郎

はやし・よしろう

林 由郎

林 由郎

1922(大正11)年1月27日~
2012(平成24)年1月2日

6人の賞金王・女王を育てた名伯楽

小学校を卒業すると生家近くの我孫子GC(千葉県我孫子市)にキャディーとして就職。16歳でプロの資格を得た。第二次世界大戦を経て48年に戦後最初のプロトーナメントとなった関東プロで初優勝。以降、49年日本プロ、50年日本オープンと主要競技の戦後復興第1回大会を次々に制した。50年は中1日で開催された日本オープンと日本プロに続けて勝つという快挙も成し遂げている。数多くの名選手を育てた名伯楽でもある。門下生からは青木功、尾崎将司、尾崎直道、飯合肇(以上日本男子ツアー)、海老原清治(欧州シニアツアー)、福嶋晃子(日本女子ツアー)と6人もの賞金王・女王を輩出した。

主な戦績

日本プロ4勝
1949、50、56、61年
日本オープン2勝
1950、54年
関東プロ2勝
1948、53年
関東オープン2勝
1955、60年

小遣い稼ぎから我孫子GCでゴルフをスタート。プロに交じって月例上位でプロ認定

林由郎1

戦後は芋畑のゴルフ場修復からスタート。50年、7日間で日本プロ、オープン制覇

林由郎2

我孫子一門の誕生。青木、尾崎から福嶋まで、受け継がれていった技

林由郎3

伝説の「空振り事件」がスイングを変えた。愛された笑顔と人柄

林由郎4

樋口久子も教えを受けたバンカーショット。戦時下の蹄鉄工に原点があった

林由郎5

1升、2升は当たり前、飯よりビールがパワーの源だった!?

林由郎6

顕彰者一覧