日本プロゴルフ殿堂

偉業を称え、未来を拓く。ゴルフから

顕彰者紹介

Japan Professional Golf Hall of Fame

2012年(平成24年)殿堂入り

浅見 緑蔵

あさみ・ろくぞう

浅見 緑蔵

浅見 緑蔵

1908(明治41)年8月20日~
1984(昭和59)年6月19日

今なお輝く日本プロ、日本オープン最年少優勝

生家近くにあった東京GC駒沢コース(東京都世田谷区)でキャディーをしながらゴルフを覚えた。27年の第1回日本オープンではアマチュアの赤星六郎に及ばず2位だったが、翌年の第2回大会では19歳9ヶ月の若さで初優勝。
同年11月に開催された日本プロでは20歳3ヶ月で優勝した。

両大会の最年少優勝記録は現在(2013年時点)も浅見が保持している。2年間の兵役から復帰した31年には日本オープン、日本プロ、関東プロと当時の公式競技をすべて制して実力を見せつけた。後に日本プロゴルフ協会設立(57年)に尽力。63年からは同協会の第2代理事長(現在の会長職)を務めてプロゴルフ界の発展に寄与した。

主な戦績

日本オープン2勝
1928、31年
日本プロ2勝
1928、31年
関東プロ2勝
1931、36年

行儀見習いから始まった父緑蔵のゴルフ

浅見緑蔵(勝一)1

程ヶ谷移籍で赤星六郎の教えを受ける

浅見緑蔵(勝一)2

3度の兵役、合間に公式戦優勝

浅見緑蔵(勝一)3

終戦直前の全身打撲から涙のゴルフ再開

浅見緑蔵(勝一)4

2度の海外遠征,B・ジョーンズの写真を抱いて寝た

浅見緑蔵(勝一)5

戦後は進駐軍にレッスン、結核胸部手術で競技を断念

浅見緑蔵(勝一)6

体にムチ打ってゴルフ場設計の道へ

浅見緑蔵(勝一)7

程ヶ谷一門はドロー一辺倒

浅見緑蔵(勝一)8

顕彰者一覧